ごあいさつ

親が育児に思い悩むことのない世の中に

リトルガーデングループは、認可保育園をはじめ、インターナショナル保育園、児童発達支援事業、学童保育を関東圏を中心に運営する企業です。

当社の子育て支援事業は、平成12年(2000年)1月25日に歩み始めました。

当時の私は妻と共に働いていたこともあり、4歳児の長男、0歳の次男の面倒を十分に見ることができず、ふがいない話ではございますが、親戚のお力添えをいただきながらも育児の大変さと仕事に追われ鬱々とする毎日を送っておりました。

当時はまだ共働きという概念が一般化されておらず、専業主婦が当たり前であったことから、保育園側からも空きがない。延長保育などの共働き世帯の子どもを預かる体制がないといった回答が多く、行く当てのない憤りと焦りに頭を抱えておりました。

苦悩のすえ、なかば解決しようのない憤りをぶつけるように自らが託児所を開設することを決意し、小規模ながらもマンションの一室に保育ルーム「キッズランド」をオープンしました。

開設後非常に多くの問い合わせがあり、私たち夫婦と同じ悩みを抱えている世帯が多くいることを知り、「キッズランド」の進む方向は間違っていないことを確信いたしました。

その後多くの方からの共感、また後押しを受け、より多くの同じ境遇に苦しむ共働き世帯の悩みを解決すべく、翌年2001年に「インターナショナルスクールリトルガーデンWBG校」をオープン。

その後、現在に至るまで、成長がゆっくりなお子さんを一人ひとりの成長スピードや個性に合わせた保育を行う「児童発達支援事業所 童夢」、「認可保育園 童夢ガーデン」を含め17園を開設するに至りました。

子育てはもちろん大変なものではございますが、親が子育てに苦しみあえぐような世の中が正しいはずがございません。子どものために頑張るお父さんお母さんからいただいた共感により成長してきた弊社は、何よりも働く親御さんの味方であるべく、子供の成長を共に喜び合えるような温かみあふれる教育福祉事業を今後も展開してまいります。

合資会社ライフコミュニケーション 代表 佐々木豊

 

採用情報

グループ会社

株式会社ライフコミュニケーション

TOP