童夢

保育園や幼稚園に行っていても、なかなかお友達になじめず、手を出したところだけを見て、叱られてしまったり、「○○出来ないの」「どうしてできないの」といつもいわれてしまったりする子どもも、その子どもなりに頑張っています。ただ、その子どもは、少しだけ物の見方や物事へのとらえ方がほかの子どもとは違うのかもしれない、ということを考えた事はありますか?

童夢では、特別なものの見方をしたり、捉えたりする子どもたちが、地域であたりまえに暮らすために必要な力を育むお手伝いをしたいという気持ちからはじまりました。

童夢では、子どもたちの抱えている困っているところを見つけ、子どもたちのかけがえのない個性を尊重しつつ、その魅力や可能性を伸ばしていくため、さまざまな体験・経験ができる場を提供します。子どもたちの未来に向けて、「自分らしく」成長し、豊かに暮らせるように、一人ひとりに寄り添いながら支援の提供を目指しています。


カリキュラム

  • チームを組んで、子ども一人ひとりの個別支援計画にあわせた支援を行います。
    定員15人です。
  • 採算を合わせて、継続できる運営体制に取り組んでいます。
  • 他職種(保育士、各学校教諭、各療法士・心理士等)が働き、一人で子どもに関わるのではなく、チームで子どもに関わっていきます。
  • 個別支援計画に基づいて、一人ひとりの子どもに合わせた個別支援と集団生活に必要な生活力を育むための集団療育を行います。
  • 子どもの特性を生かし、他者との関わり方や人との関わりの楽しさを体験できる環境作りに努めます。幼児期に大切な信頼関係の構築と自己肯定感を育む支援を行います。
TOP